今、製品版のAnalogue・Synthesizerは、いかに!!

今、かつてのようなModuleも無く、製品版もいまいち、カタログを見た感じでは、よほど自作した方が良い物が出来そう。もう少し、最近の本などを買って、僕も、研究しなきゃ、製品版のAnalogue・Modeling・Synthesizerは優れていることは解った。Analogue・Synthesizerはいまいち、かつては全盛だったろうが・・・、今時、真面目な会社が無い!!

moog』も今一歩だ、やはり、Digital・Synthesizerや5.1Surroundの影響は大きい!!

確かに、Digital技術は凄い、けれど、あのAnalogue・Synthesizerの時代は何処へ?

やはり、『自作Synthesizer』に挑むしか無い!!

仕方が無い『Analogue・Synthesizer』や『CP/M』は、もう過去の話!!

今時、『死語』に成りつつ有る中、復活は無理だろう。

自ら挑む『Analogue・Synthesizer』で良いのかも・・・

それは、昔も今も変わらない、僕の設計は、ごまかしてはいない。

自分なりに確かな物を求めてきた。

『VCF』も、24台は作れる予定!!

僕は、Analogue・Synthesizerの心臓部だと確信していた!!

だから部品は大切にしてきた!!

計測器類も確かだ!!

『VCO』『DCO』自分なりに満足出来れば・・・!!

使うのは、僕本人だ!!、決して他人では無い!!

LFO』『EG』を先に作るか・・・!!

まず、やりかけの儘の『VCA』が先か・・・!!

僕の求めてきた物は、何だったのだろう!!

やはり、Clear・Audioの世界だったのだろう!!

『Pure-Audio』とも言われていた!!

Analogue・Synthesizerを今一度、見返してみよう!!

自分の人生の中で、何だったのだろう!!

製品版は、馬鹿らしい物ばかり!!

『VCO』『Function-Generatorの電子楽器版』でしか無い!!

くだらないと言えば、それまでだ!!

簡単に作ろうと思えば、『CR発信器』で良い!!

波形が多少ガタガタしようが、『DCO』はそれなりの音はする!!

深く考えず、作るだけかも・・・!!

昔の技術を知る人もほとんどいない!!

自分で満足出来ればそれで良いのかも・・・!!

『自作』似挑むしか無い!!