VCFに使うLadder型部品に、極めて電流を流さないのも一つかも・・・

Analogue-Synthesizerの VCF に極めて電流を流さないのも一つかも・・・

半導体の流れ出し電流の高抵抗部分は、今でも極めて指数の儘残っている

それをうまく使う事だ

それが、これから設計に使う定数の一つになるだろう

昔の部品とは、全く異なってきているので

従来型の定数では 5-Octaveを得る事は難しい

新規に定数を求めなければならない

極めて Linear 特性に近くなっている部品が多いから・・・

近代部品の盲点に気づいた

参考になったのは『Noise-Toaster』だ