抵抗コンデンサなどかつての規格に無い部品が増えた

金属高騰を受け、また、原油高となり、今までに無い規格の部品が急増しています

事にRead線が細くなったのは現実です

Carbon皮膜抵抗など焼きを入れる部品に於いては、原油高により高騰し続けています

自作マニア向け部品が、極端に減っています

まさかの自作ブームがやってきているのかもしれません

もう半世紀も前の『68系』や『80系』の『8Bit-Machine』に人気があるのでしょうか

また、Digital機器を作れる技術者が不足しているのでしょうか・・・

単に『Analogue機器に』に人気がある理由は何なのかです

『CD』が有っても再生できない機器が多いとか・・・

『CD』を販売している音楽関係など大きな打撃を受けています

色々が様変わりし始めたのでしょうか?

確かに能動部品の精度は上がり小型化しているとは思います