Audio用として売られている部品は、やはり高価か!!

僕の使っている、汎用OP-Ampとは、何かが違うか、Chip自体が違うのなら、品番を変えて欲しい!!、非常に紛らわしく、電子部品を売る部品屋でも、価格を付けるのも、難しくなってしまう。確かに電子部品は、Deflationから、Inflationに変わったが、汎用部品はバブル期の、1/4位まで下がっている。TL072CPと言う番号は、TL072の中でも、安価な部品の品番でした。非常に紛らわしく迷惑です

 

『TL072』相当品他、時代を物語っています。

『NJM072D』を入手しました。Synthesizerやマイコンに使う部品がこのコロナ禍と円安でかなり高騰しています。マイコン部品も、インフレに向かう前に、入手した物です。Synthesizer用並び、マイコン用部品の入手はあと一回で、ほぼ入手は終わりだと思っています。まとめ買いをしていました。NJM072Dは、まとめ買いした部品の一部です。『TL082』とどちらか悩みましたが、『NJM072D』にしました。高騰と言っても、元々1個120円の部品でしたから、一個88円では、Deflation-Spiralの中で上がっており、部品としてはもしかしたら、かなり質は落ちているかもしれないと思い、在郷で売れ残っていると思われる、ジャンク屋の部品を買いました。とにかく低価格にしろと言われ、質は落ちてしまっていると思います。ですからAudio用の部品は、同じ『TL072CP質の』でも質の良い部品だと思います。決して『詐欺』では無いとは思いますが・・・。



完全Digital・Synthesizerは消えた!!

僕が始めた、デジタル制御Analogue・Synthesizerから始まり、GM-音源、GM2-音源など、デジタル制御Digital音源、から始まり、完全Digital・Synthesizerは、僕に付いてくる学生もおらず、その姿は、コロナ禍の中消えた。誰も、D.S.P(Digital・Signal・Processor)構造はおろか、誰も作れない、LSIと化した。イギリス製Analogue・Modeling・Synthesizerを最後に、完全Digital・Synthesizerは消えた。逆に、アナログ制御・Digital・SynthesizerはモーグSemi-Moduleと言う形で残っているが、若手では、誰も付いてこなかったので、今は、誰も作れないのが現実だ。今は、幻のJUPITER-80と成った。今は、デジタル制御・Analogue・Synthesizerは有るが、MIDI-Dataでの記録もままならないのかもしれない。多分HC193等を使った、デジタル制御、Sequencerの姿も無い。パソコンによる、DAWも、かなり少なくなっていると思う。おそらく、コンピュータ言語は、C言語だけに変わってしまい、16Bit議事アセンブラを少し使う程度の物で、機械語でプログラムを作る人はいなくなった。プログラムを高速化する為には、構造化プログラミング技法は書かせないと思う。今は、誰も挑む人はいない。パソコンを高速にする為には、CPUの処理速度を速くするしか無いと言われている。Programを構造化して、短く作れば、高速化はそれ程難しくない。僕自身、CP/M-80/CP/M-68Kで、頭の中は鍛え上げられている。今でも、単に動くだけでは無い、いかに短距離で、同じ事を行えるプログラムを作るかだ。そのためには、機械語を完全にマスターするしか無い事を、今の若者は知らない。それをMasterしたければ、いきなり、命令数の多い、32Bit/64Bit-CPUでは無理だ。まず、8BitのCP/M-80とか、CP/M-68Kを完全マスターする事が必要となる。また、その教材となる、部品の入手も難しくなっている。また、ほとんど道具の姿も無い。16BitのProgramがあっても、32Bitで動かす為のTechnicも必要だし・・・。機械語をマスターできる環境は、日に日に、激減している。パソコンは64Bitバソコンに変わり、32Bitの機械語しか受け付けないが、32Bitアセンブラの姿は無い。『機械語は危険な言語』と位置づけられ、学ぶ事も難しい。昔のFDにのProgramすら、FDを接続できても、パソコンで読み取る事すら出来ない。何故、機械語は、危険な言語とされていったのかは、謎解きが出来ない。Compiler言語こそ、解読不可能な、危険な言語だと僕は思うが・・・。機械語を読み取る事は、それ程難しい物ではない。機械語Levelの構造化プログラミングには意味がある。機械語を構造化して短くした為、D.S.P(Digital・Signal・Processor)が生まれた。その構造の解読は僕は不可能だと思う。超大規模、LSIを理解できる人はいないだろう。だから、完全Digital・Synthesizerは消えた!!、誰も理解は出来ないだろう。また、8Bitのオモチャから、積み木の様に、積み上げて行かなければ、超大規模LSIは構成できない。また、時代は、Analogueへと返ってしまった。唯、デジタル制御AnalogueSynthesizerだったら、作れると思うが・・・。結果、下手すると、全てが、昔の様になってしまう。かつての昔の部品すら、作れる人はいないのかもしれない。もしかしたら、幻となっていく部品類なのかもしれない。P-ROMと言う、Read-Only-Memoryへの書き込みすら今は誰も知らないのかも・・・S-RAMの使い方も知らないのかも・・・。結果、8Bit-Machineから、コツコツ積み上げるしか無いと僕は思うが・・・。技術なんか、誰も盗める物では無い。自分で積み重ねるしか無いのだ。抜け駆けなんか出来ない世界だ。だから『TL072CP』のようなデマが飛んでも、誰も気がつかないという時代だ。Analogueすら全て忘れられてしまっている。おそらく、回路図を書ける若者は少ないだろう。いやいないだろう。Transistor・Ampすら、単にOP-Ampを使った、Buffer型しか考えられない様では・・・と僕は思う。回路シミュレータすらProgramをかげない様では、Transistor-Ampすら、パソコン内で実験する事も出来ない。だからかつてDiscreet・Amplifierと呼ばれた回路を誰も組めないだろう。僕は自作できるが、その回路図は紹介しない。ある意味かなり危険な物だ。火事が出たら誰が保証すれば良いのだろう。だからむ回路図すら発表は出来ない。今は、すぐ保障問題にしたがるから・・・。

 

『TL072』相当品または、『TL072CP』の入手

僕は、秋月電子通称さんのNJM-072Dを購入計画です

サトー電気さんはTL072CPとはカタログに有ると思います。

秋月電子通称さんでは、Audio向きのOP-Ampも、一緒に見て頂ければ・・・と思います。

それ程高価な物は無いと思います。

なんかおかしいね!!